財閥のお嬢様なんて
いいことないわ。
お見合いから始まる恋も
あるのかもしれない。
でも、私は――
道端に咲く花を見つけるような、
河原にあるたくさんの石から
特別なひとつを見つけるような、
そんな恋をしたい。

会社や家柄、
そんなものに左右されない
確かなもの。
私に与えられたこの狭い世界で、
私は見つけることができるかしら?
見つけてもらうのではなく、
自分で見つけたい……。


* * *


恋を夢見る財閥のお嬢様のお話。
お見合い続きで胃の調子が
優れなかったところ、
偶然出逢った医師に
突然の申し出をされる。

「あなたの胃が治るまで、
私が交際相手になりましょう」

そこから始まった偽りの関係は……?



□■ 補足 ■□


このお話は「光のもとで」に出てくる
「藤宮司」の両親のお話になります。


この作品のキーワード
お嬢様  医師  純愛  偽りの恋人 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。