女嫌いと男性恐怖症が出会ったら
 女嫌いもはなはだしい晶の腕をつかんだボロボロのそれは、あろうことか極度の男性恐怖症の遥だった。
 男性に近づくだけで過呼吸や蕁麻疹が出るほどの男性恐怖症の遥なのに、なぜか晶のことは平気で…。

この作品は「カクヨム」「小説になろう」にも掲載していたものを読みやすく行間を変更したものです。

たくさんの方に読んでいただけて嬉しいです。
まさかのランキングに載っていることに気づいて驚愕しております。
皆様に読んでいただけているお陰です。
ありがとうございます。

この作品のキーワード
同棲  年の差  あまあま  じれじれ