王女ノツィーリアはある日突然父王から『貴様を貸し出すことにした』と告げられる。父や義母そして異母妹の贅沢三昧のせいで財政が逼迫しているためノツィーリアに身売りさせて金を稼がせようという魂胆である。
ノツィーリアの母は世界を魅了した踊り子だった。強引に父王に召し上げられ、王妃に毒殺されるまでは平和に暮らしていた。
母の死後に始まった、異母妹やメイドたちによるいじめ。
亡き母の言葉に励まされては苦境に耐える日々を送る中、父王がさらに金を稼ぐためにノツィーリアの夜伽の様子を魔道具で撮影して人々に公開すると言い出す。客に汚される姿を不特定多数の人に見られるという屈辱に、ノツィーリアは自害の衝動に駆られるほどに苦しむのだった――。

◇腹違いの妹とメイドに虐げられている孤独な姫が、王の命令で身売りさせられるところを冷徹皇帝に救い出される話です。

※小説家になろう、アルファポリスでも同時掲載しています。

あらすじ

【御礼】ランキング入りありがとうございます!(ファンタジー(総合)/恋愛ファンタジー)
感想やひとこと感想、本棚登録やいいね、ファン登録もしていただけてとてもうれしいです!執筆の励みになっております…!本当にありがとうございます!

【お詫び】投稿開始前、公開予約が思った通りにならなくて何度も公開と非公開を繰り返してしまっておりました。大変失礼しました。

この作品のキーワード
シンデレラストーリー  溺愛  不遇  虐げられ  姉妹格差  ざまぁ  冷徹  皇帝  異世界  恋愛ファンタジー