私には憧れの人がいた。彼は勉強も運動も出来て、完璧で話しかける事さえも出来なかった。

だから遠くで見るだけでいいし、彼の視界に私が映ることなんてないし、このまま高校を卒業して、彼との接点はなくなってしまうものだと思っていた。

でも、父親と彼の父親が友人同士で、彼の父親の引越しを機に一緒に住むことになった。

彼と同居をするようになって少しずつ彼との関係も変わっていく。


修正終わりました。

この作品のキーワード
夕焼け  同居  幼馴染  思い出  初恋    高校生  再会  約束 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。