「運命の赤い糸って信じる?」

 そんな意味深な言葉を残し、幼馴染の悠真はわたしの前から姿を消した。

 それから約十年の月日がたち、運命の出会いがわたしに訪れる。
 そのお相手は貴文さん。
 就職試験の時に助けてもらった素敵な社員さんだった。

 難関の就職試験をクリアしたわたしは入社式に再び貴文さんに再会する。
 これこそ運命の出会い!

 心躍る毎日を送っていたけど、いきなり新たな出会いが訪れて…。



 ☆出水千晴(いずみちはる)二十二歳 超恋愛初心者

 ☆霜田貴文(しもだたかふみ)二十四歳 海外事業部のエリート

 ☆柘植悠真(つげゆうま)二十二歳 千晴の幼馴染

 
 H27 7.6~H27.8.5

この作品のキーワード
恋愛  運命の赤い糸  幼馴染  同期    記念日  嫌がらせ  先輩  オフィス