不倫

それは文字からしてイケナイコトだ。
それはみんな、わかってる。

でも、止められなくてどうしようもなくなることだってある。
始まってからでは、止まらないのだ。

それは否定しない。できない。

だけど、不倫はやっぱり特殊な恋愛なんだってことを知っとかないといけない。
それは、する側も、される側も。

でないと、せっかくつかんだ愛を失うことだってあるし、昼ドラもビックリのドロドロした愛憎劇を演じることになることだってあるから。

不倫で悩む人、苦しむ人、戸惑ってる人すべてに、このエッセイを捧げます。

この作品のキーワード
不倫  浮気    愛人  フリン