小夜里(さより)は代々、安芸広島藩で
藩主に文書を管理する者として仕える
「右筆」の御役目を担った武家に生まれた

十七の時に、かなりの家柄へいったんは嫁いだが
二十二で、子ができぬゆえに離縁されてしまう

婚家から出戻ったばかりの小夜里は
隠居した父の「手習所」の手伝いをすることに

しかし、その矢先、父に先立たれて
小夜里は手習所の跡を継ぐことになる

ある雨の降る夜
小夜里は手習所の軒先で雨宿りをする
一人の男と出逢う

それは……「運命の出逢い」だった


※ 歴史上の人物が登場しますが
すべてフィクションです

◆・.。*†*。.・◇ 2018 2 22 START ◇・.。*†*。.・◆
◆・.。*†*。.・◇ 2018 4 19 FIN◇・.。*†*。.・◆

あらすじ

小夜里(さより)は代々、安芸広島藩で藩主に文書を管理する者として仕える「右筆」の御役目を担った武家に生まれた。

十七の時に、かなりの家柄へいったんは嫁いだが、二十二で子ができぬゆえに離縁されてしまう。

婚家から出戻ったばかりの小夜里は、急逝した父の遺した「手習所」の跡を継いだ。

ある雨の降る夜、小夜里は手習所の軒先で雨宿りをする一人の男と出逢う。

それは……「運命の出逢い」だった。

この作品のキーワード
江戸時代  切ない  じれじれ  身分違い  子ども