はるか遠く、あの海の向こうへ行きたい。

イライザは、
海を眺める丘の樹上から、
世界を旅する事を願った。

成長し、苦労の末、
記者として身をたてはじめたイライザに、
海運会社を営む父から縁談がもちこまれる。

一人娘のイライザには、
結婚し、自身の後を継いで欲しいと願っている父が探してきた相手は、
造船会社社長、ガブリエル・イザード。

彼は、
イライザの転機となる大仕事の依頼主でもあった。

筆名、イザベラ・クリフトンが、
縁談のもちあがったイライザとは知らないガブリエル。

大仕事を前に、結婚などとんでもない! 
と、イライザが巡らせた策謀とは?




***

第二回恋愛ファンタジー大賞応募作

2018年9月19日 完結

この作品のキーワード
F大賞1  政略結婚  ヒストリカル