小国の君主は無邪気でわがままな少女。
君主としての自覚に欠ける彼女を毎日怒鳴りつける家臣の青年もまた
自らの想いに自覚がなかった。


少女への想いが、人形のようだった青年を
やがて人間へ、国王へと成長させる。


戦乱が続く和風異世界の物語。


戦争を扱っているので普通に流血や人死にはあります。
主要登場人物も例外ではありません。
むしろ流血過多です。


このお話の十二年後にあたる外伝「月下の幻影」を先に読めば、
かなり早い段階で大まかな内容がわかると思います。


この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  和風  悲恋  主従  身分差  年の差    シリアス  切ない 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。