★★★★★
一等星はすぐ近く
大雑把で男勝りな、彼氏持ちの珠綺。彼女より身長は1センチ低いけど仕事はかなりデキる優秀な伊瀬。
ふたりは仲の良い同期。からかい合ったり、仕事では支え合ったり、気が楽になる絶妙な距離のその存在。

…だと、思ってた。
けれどある日の突然の近さが、その存在を遠く感じさせた。
それなのに、やっと、珠綺は自分の本当の心に気づけてーー。


恋愛には奥手で超鈍感な珠綺に苦戦しながらも、惚れてしまったほうが弱い。主人公の視線からでは見えにくい伊瀬の隠れた葛藤に、思わず画面の前で応援してしまいます。

じれったい、だけど、それがふたりのペース。わずか1センチ先のスピカに秘められた気持ちを鈍感な彼女が見つけた時、やっと、ふたりは重なり合うことができました。

いい意味で、早急なイメージだったオトナの恋が変わりました!わたしもこんな強い想いの恋がしたい、まさに理想の恋愛です。
KIMORI
15/03/11 16:05

>>新着レビュー一覧へ