★★★★★
不器用なふたり
君はいっつも冷静で、ロマンティックなことなんか興味なし
クリスマスの輝きだって、君の前ではただの電気だ
ねえ、律くん
わかってたって、甘いふたりに憧れちゃうんだよ
甘いふたりになりたいんだよ

──ずるいよ、律くん



ツンデレ、というのか
確信犯、というのか
律くんはきっと女の子をキュンキュンさせる天才でしょうね
甘いセリフが苦手と言いながら、甘いセリフをぶち込んでくるあたり、もうお手上げです、まいりました
いつか律くんが抱えるすべての愛が志乃ちゃんに伝わる日が来ますように、と密かに願っています

素敵な作品ありがとうございました
きっと誰もが「ずるいよ、律くん」とつぶやきたくなるでしょう
ぜひご一読を
神木玲華
17/03/21 00:11

>>新着レビュー一覧へ