伯母の影響で80年代女性アイドルと当時流行っていたジュニア小説(死語?)にハマっている私。
過去のトラウマが原因で、正直、男なんてどうでもいいとか思ってるのに、最近何でかやたらと男の子に告られるのは何でだろう?
そんなある日、変な男に絡まれた所を綺麗な男の子に助けられたのだけど、なぜか彼は、“私の事”を知っていて―――

4/21 時列の関係で、Other than②と③を修正してます。電話をかけてきた相手を変更しました。
4/22 さんじゅうさんを変更しました。他にスリープモードにならない簡単な方法が浮かばなかったんです…


小説家になろう、アルファポリスにも投稿

実はこっそり、他の小説に出てくる登場人物の息子が出てきます。

この作品のキーワード
青春  オタク  非腐女子  イケメン  残念女子  ラブコメ  男嫌い