わたしの願いは、



愛されたい



ただそれだけだった。








「俺が愛すよ」



誰にも必要とされない、
家族にも見放され友達もいないわたしを愛してくれたのは


みんなから愛されている彼でした。





この作品のキーワード
高校生    家族  切ない  野いちご大賞  初恋