14歳で結婚したディアナ。
夫となったのは、18歳のアクスウィス公爵家の嫡男フィルベルド様。
しかし、一度お会いしただけで、彼は一緒に住めないといい、その日からお会いすることは無かった。

そして、ディアナが20歳になった時、夫であるフィルベルド様と夜会でお会いすることに。
しかし、フィルベルド様は現れず、バルコニーでハンカチを落として拾おうとすると、知らない騎士様に自殺未遂の疑いをかけられる。

そして、夫に会えなくて離縁を決意すると、屋敷が全焼してしまった。

そんな中で自殺未遂の疑いをかけた男性が私を探しており……彼は「夫は俺だ!」と、とんでもない告白をして来た。

「君は最愛の妻だ!」
「一体いつから!?」

離縁を決意した妻と溺愛したい夫のおかしなじれじれ夫婦の話です。

あらすじ

14歳でディアナは18歳のフィルベルドと結婚する。
しかし、彼と会ったのは、その一度だけ。

ディアナが20歳。夫と夜会でお会いすることになったが夫に会えなくて離縁を決意すると、屋敷が全焼してしまった。

そんな中で私を探している男性が「夫は俺だ!」と、とんでもない告白をして来た。

「君は最愛の妻だ!」
「一体いつから!?」

離縁を決意した妻と溺愛したい夫のおかしなじれじれ夫婦の話です。

目次

この作品のキーワード
溺愛  魔法  夫婦  白い結婚  特殊能力????