大学に進学して、
憧れていた東京での一人暮らしを始める奈津美
高校まで「地味子」だった彼女の希望は
「東京での素敵な恋愛」

一方ノラ猫のさちこは「どんぐり」を出会った人々に届けます。
さちこと関わる様々な人々の切ない物語が進行していき、
やがて物語は
切なく哀しく、
それでいて
優しい結末を迎えます

「さちこのどんぐり」にはある理由があったのです





*****************


多可良さん素敵なレビューありがとうございました。

この作品のキーワード
泣ける  ねこ      切ない  年の差  感動  ネコ  地味子 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。