銀ちゃんは今何処にいるの。


あの約束を覚えていますか?


私はずっと信じて待っています。


【俺は真子をお嫁さんにする。真子が17才になったら必ず迎えに行くから待ってろ!】


銀ちゃん早く迎えに来て下さい。


でも、銀ちゃんがヤクザだなんて知らなかった。



この先何が起きても、銀ちゃんと一緒に生きて行く覚悟はあります。


どんな試練も二人で乗り越え、銀ちゃんと幸せになりたい。


銀ちゃんの命は私が守る。


絶対守ってみせるから、ずっと一緒にいてください。


5才の私が運命を感じたのは、15才の銀ちゃんでした。


あれから12年が過ぎて、私は17才の高校生、銀ちゃんは27才のヤクザだった。


何年たっても二人の距離は近づかないけど、頑張って銀ちゃんに近づきたいです。


銀ちゃんにこんなにも溺愛されて私は幸せ。


二人が離れる事は永遠にないと誓います。


































この作品のキーワード
極道  ヤクザ    約束  17才  純愛  俺様  運命の人  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。