★★★★★
映画化してほしい
そう思えるぐらい、美しい映像が目に浮かびました。
夢は光。
自らの行く道を照らしてくれる、あたたかな光。
たとえ叶わなくても、その光は消えない。
初めはライトなファンタジーかなー、と軽い気持ちで読みはじめました。
でも読み進めるうちに、重みが変わって。
ファンタジーなのにちゃんと現実を見ている、少し切ないお話でした。
うまく行くことばかりじゃない。
時にはどうしようもない挫折があって、どうにもならない現実に打ちのめされて。
それでも神様は――常葉は、みんなの夢を、笑顔を見守っている。
とてもあたたかい気持ちになりました。
ありがとうございました。
森咲アサ
14/06/01 19:51

>>新着レビュー一覧へ