『俺たちの妹』の続編です。

城之内コーポレーションで働き出した彼方(31)

忙しく内科医を続ける日向(29)

大学生になった美晴(19)

高校の頃とは生活が一変。

忙しい葵とゆったりペースの美晴。




「邪魔はしたくないけど、やっぱり少し寂しいかな…….」



声にならない思いを汲み取ってくれるのは、やはり…………


相変わらず兄2人の溺愛っぷりは変わらない。



少しずつ環境が変化しているけれど、美晴に注ぐ愛情は変わらない……






少しお話の幅を広げたいと思うので、リクエスト募集します。

もしあれば、感想ノートによろしくお願い致します。

リクエストのお話はタイトルの前に*マークを付けています。


全てkosumosuの妄想の世界のお話です。医療の事は素人なので、間違っていることがあると思いますが、楽しんで読んで頂けると嬉しいです。


このお話は、主人公の美晴や周りで起こった何気ない日常を書いているので、小説全体では起承転結がありません。
その事で不快に思われる方は、読まないでください。
宜しくお願い致します。


☆2016.7.21完結☆

この作品のキーワード
病弱  家族愛      喘息  病院  幼馴染  溺愛  医者