愛浬亜は、トラウマに悩ませられながら

生活をおくっている。

強くなりたい‥‥‥

    強くならなくては‥‥‥

だが、中々克服できず

    苛立ち‥‥失望‥‥

いつの日か、私に幸せは‥‥‥訪れる?

この作品のキーワード
トラウマ  恐怖  先生  護る  親友の兄  克服  親友の両親