その日も、いつもと変わらない日常を満喫する筈だった。

あの大きな風の渦を見るまでは・・・

その風に飲み込まれた私は、そのまま深くて暗い海の底へと沈んでいく。

必死にもがき、光射す空へ手を伸ばしだが、そんな私の願いは、空しく沈んでいった。



そして、次に目が覚めた場所には、『カミサマ』がいた。

そのカミサマは、私にこんな提案をする。

「お前に、『魔法世界』でもう一度生きる、いわゆる『転生』の許可を下そう」

「えっ・・・



 それは困ります。
 だって私、『魔法』とか『魔術』とか、一切信じられないので」

あらすじ

「魔術なんてなくても、物ならいくらでも作れるので大丈夫です!!」

此処から、彼女の魔法世界の再建の物語が、幕を開けるのであった・・・

この作品のキーワード
異世界転生  DIY  ファンタジー  仲間  キャラクター