大学時代から付き合っていた彼とは

お互い····社会人となり

覚えることも多く

会えない日々が続いていた····中····

···自然···消滅····

ある日、彼を見かけた

彼の横には女の子が

寄り添っていた。

きちんと別れをしたわけではないが

私の中でも

何の感情もなかった。

そんな日々の中

新しい課長が赴任してきて

その課長といつしか

付き合うようになっていったが····

彼が、バツイチと言うことは

始めから聞いていた

彼と奥さんは、嫌いあったわけではなく

二人はお互いになにかあると

駆けつけていく

そんなに奥さんが

大切なら····大事なら·····

私は、要らないでしょ·····

どうして······私に告白したの····

····どうして······

私の恋の····行き着く····先は······

この作品のキーワード
元カレ  上司  バツイチ  元妻  奥さん気遣う  切ない    仕事  婚約  別れ