赤い三角巾とエプロンがトレンドマーク、
公園の弁当屋で可愛い女の子がお弁当を売っておりました。

***

するとそこへ、お腹を空かせたオオカミさんがやってきました。

***

『赤ずきん×オオカミ』ならぬ

『貧乏女子×イケメン社長』のシンデレラストーリー

~ここに開幕~ *^^*


※注意※
この作品はファンタジー脳の作者がおくる、
現代モノの皮を被せた、
おバカで楽しいラブコメです*^^* 
難しく考えてはいけないシロモノでもあります。
方向性に賛否はあれど(?)、
ヒーローの溺愛っぷりには自信があります!

【登場人物】
☆赤ずきん☆
運野月子(うんのつきこ):五人姉弟の長女、貧乏一家の苦労人。母の再婚により、少々残念な名前に…。お弁当屋さんでアルバイトをする大学生。ところが卒業を間近に控えたある日、不幸に見舞われ、就職内定がなくなってしまう。
★オオカミ★
大狼明彦(おおがみあきひこ):アミューズメント開発で業界最大手、国内外で不動産業を展開するOGAMIグループの御曹司、のち新会社の社長に就任。
天から二物以上を与えられたが故に、これまで数々の女難が降り掛かり女嫌い。
しかし大学卒業の日、ふらりと立ち寄った弁当屋で運命の出会いを果たす。

【あらすじ】
 就職難民になりかけた月子だったが、弁当屋の常連の明彦の根回しによってOGAMIグループに採用される。月子は、明彦への恩返しを心に誓う。そうして入社から半年ほどが経ったある日、月子は明彦の困った様子に気付く。
 実はこの時、OGAMIグループは会長の鶴の一声でラブホ経営(会長曰く、目指したいのはそんじょそこらのラブホじゃない! 恋人たちに、ラグジュアリーでゴージャスな素敵空間を提供するのが目的!)への新規参入が決まっていた。プロジェクト会議で企画発表が迫るも、明彦はそもそもラブホに行った事が無い!

(月子)「私に何か協力できる事はありませんか?」
(明彦)「月子、これは俺の問題だ。だから月子に迷惑は―」
(月子)「迷惑な訳ありません!!」
 ―中略―
(月子)「行きましょう!」
(明彦)「ん? 行くとはどこにだ?」
(月子)「ラブホテルに決まってます!」

こうして二人は連日連夜、
調査の名目で怒涛のラブホ巡りへ繰り出す事に!
二人の恋とラブホ経営(会長曰く、…以下同文!)の行方やいかに―!?

この作品のキーワード
社長  御曹司  貧乏女子  赤ずきん  溺愛